九電ビジネスソリューションズ株式会社

MENU

NEWSニュース

九州の企業をもっと元気に!(YE DIGITALとの協業開始)

2020.12.10

株式会社YE DIGITAL
九電ビジネスソリューションズ株式会社

九州の企業をもっと元気に!
九電ビジネスソリューションズとYE DIGITAL、地場企業のDX推進に向けた協業を開始
~ムリ&ムダのないICT/IoTシステム導入支援でDXの不安解消へ~

 

 九電ビジネスソリューションズ株式会社(本社:福岡市中央区 代表取締役社長:犬塚 雅彦)、株式会社YE DIGITAL(本社:北九州市小倉北区 代表取締役社長:遠藤直人)の両社は、DXに向けたICT/IoTシステム導入を支援する仕組み作り(以下、フレームワーク)の共同提供に向け、協業を開始いたしました。両社は2021年春からのサービスイン(段階的にコンテンツ追加を予定)に向け、取り組んで参ります。

 DX(デジタル・トランスフォーメーション)という言葉が大きく取り上げられるようになって数年、対象となる業務やシステムは広範に渡るため、「どこから取り組めばよいか分からない」「自社に最適なシステムが分からない」という声が、まだ市場のいたるところから聞こえてきます。

 今回、両社が検討するフレームワークは、DX推進における計画策定から、業務プロセスも含めた全体構成とICT/IoTシステム導入前後で対応を支援するメニューです。お客様のチームの一員として、課題解決に向けた、最適でムダのないシステムを検討するビフォアサービス、狙った導入効果が得られるよう、システムの社内定着化や運用を支援するアフターサービスなどです。

 このフレームワークの検討を始める両社は、ともに福岡県にあるIT企業であり、九電ビジネスソリューションズは九州地方を中心に電力を供給する九州電力株式会社の、YE DIGITALは日本を代表する産業用ロボットメーカである株式会社安川電機のIT関連企業として、ICT/IoT/AI/XR(*1)などを活用したビジネス変革を推進してきました。

また、九電ビジネスソリューションズは大規模システム開発とインフラ基盤構築やセキュリティ、YE DIGITALはERPなどの基幹システム導入やその周辺の様々な業務システムの導入を得意分野とし、互いに異なる分野に強みを持っています。今回、その両社の強み・技術力を掛け合わせてフレームワーク化することでシナジー効果を発揮し、より多くの企業のDX推進を強力なご支援に繋げられるとの思いから、DX推進するサービス提供に向けた協業に至りました。

両社はまず、九州地場企業のDXを支援し、地域活性化に寄与したいと考えています。

 ※1 XR: Extended Realityの略(VR・AR・MR といったすべての仮想空間技術(または空間拡張技術)の総称)
    VR:Virtual Realityの略(仮想現実)
    AR:Augmented Realityの略(拡張現実)
    MR:Mixed Realityの略(複合現実)
 ※2 ERP:Enterprise Resource Planningの略(企業資源計画を管理するシステム)
 ※3 CRM:Customer Relationship Managementの略(顧客関係を管理するシステム)
 ※4 SCM:Supply Chain Management(供給連鎖を管理するシステム)

※ 記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

本件に関するお問い合わせ先
九電ビジネスソリューションズ株式会社 広報担当
TEL:092-515-1200 E-mail:info@qdenbs.com