九電ビジネスソリューションズ株式会社

MENU

NEWSニュース

九電グループ ドキュメント電子化サービスの提供開始について

2022.12.16

2022年12月16日
九州電力株式会社
記録情報マネジメント株式会社
九電ビジネスソリューションズ株式会社

九電グループ ドキュメント電子化サービスの提供開始について
― DX推進の第1歩、企業の「ペーパーレス化」を九電グループが後押しします ―

 九州電力株式会社(本店:福岡市、代表取締役社長執行役員:池辺 和弘)と記録情報マネジメント株式会社(本店:福岡市、代表取締役社長:田中 正勝)および九電ビジネスソリューションズ株式会社(本店:福岡市、代表取締役社長:犬塚 雅彦)は、3社合同で2023年1月から「九電グループ ドキュメント電子化サービス」の試行運用を開始し、4月から本格的に提供を開始いたします

 本サービスは九州電力が企画し、記録情報マネジメントが提供する記録情報管理のワンストップサービスと九電ビジネスソリューションズが提供する電子文書保管システム等を融合し、DX化を推進する上で欠かせない各企業のペーパーレス化を後押しします。
 記録情報マネジメントは、本サービスの提供拠点として福岡市の中心地から7kmの好立地に新たな施設(仮称:DX促進センター)の建設を予定しています。同施設では、お客さまからお預りした紙文書のリスト化から保管・廃棄までのライフサイクル管理に加えて、紙文書のスキャンからスキャンしたデータの整理・インデックス付与・システム登録までのデジタル化機能を提供いたします。
 九電ビジネスソリューションズは、改正電子帳簿保存法の要件に対応した「電子文書保管システム」や各企業間の契約手続きを電子化する「電子契約保管システム」、大容量ファイルの企業間の授受を円滑化する「大容量ファイル共有システム」などペーパーレス化に資するシステムを提供します。

 今後も、3社は各企業のDX化に貢献する新たなサービスを創出し続け、「九電グループ経営ビジョン2030」に掲げる「九電グループの更なる進化」を図ってまいります。

 

以上

 

 

 

 

 

 

【サービス提供イメージ】

 

 

【記録情報マネジメント株式会社 (仮)DX促進センター 完成予想図 】

※ 敷地面積約7,580㎡、延床面積約3,889㎡、地上5階建て
  2023年3月着工、2024年1月の竣工を予定

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】
 九電ビジネスソリューションズ株式会社 産業営業部 グループ営業グループ

 TEL:092-515-1207 E-mail:info@qdenbs.com